LINE相談
TEL LINE

酸素カプセルの説明 | 伊勢崎市で夜21時迄受付の接骨院 | 接骨院がく伊勢崎韮塚院

お問い合わせはこちら

最終更新日 2021/06/22
接骨院がくグループ代表
柔道整復師 山田 学 監修

酸素は、人が健康に生きていくために
なくてはならないものです。
しかし、多くの原因によりほとんどの方が酸素不足になっていて、そのことが様々な身体の不調の原因だったりしています。

ここでは酸素が不足するとなぜよくないかについての説明や酸素カプセルで期待できること、おすすめのご利用方法などを、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

酸素カプセル もくじ

・ 酸素カプセルとは?
・ 酸素カプセルで期待できること
・ カプセル内の酸素と通常の酸素の違い
・ こんな症状の方におすすめ
・ 様々な酸素カプセルの種類と特徴
・ 酸素カプセルQ&A
・ 酸素カプセルの施術法

酸素カプセルとは?

酸素カプセルは、高気圧の酸素カプセルに入ることで、普段の生活では取り込むことのできない体に吸収されやすい酸素を、体内に取り入れることができるメニューです。
体の中にたくさんの酸素を取り入れることで、多くの良い効果が期待できます。

酸素カプセルは、カプセル内の気圧を外気の気圧よりも高くなるように設定することができます。
そうすることで、普段の呼吸で吸収することが難しい酸素が体の中に増えて体の中を循環します。

この酸素は、分子のサイズがとても小さいので、体の隅々まで届いて、細胞を活発に働く状態にしてくれます。
酸素カプセルを使用することで細胞を活発にし、体を健康な状態に維持することができます。

酸素カプセルで期待できること

①ケガの早期回復

肉離れや関節の捻挫、骨折などのケガをした時、傷ついた組織の再生にたくさんの酸素を使います。
ただ、日常での呼吸から体の中に取り込むだけだと、すみずみまで酸素が行き届かないので、ケガを早く回復させるためには十分ではありません。

酸素カプセルを使用すると、粒子の細かい酸素を体の中に増やし傷ついた組織まで送り届けることで、ケガの早期回復を期待できます。

②疲労の回復

お仕事がハードだったり運動を一生懸命すると、乳酸という物質の血液中の数値が高くなります。
乳酸が血液中に増えることによって、私たちは疲労を感じやすくなると言われています。
酸素は、この乳酸という物質を炭酸ガスと水分に分解して、体の外に排出してくれる働きをしてくれます。

酸素カプセルを使用し、体の中の酸素濃度を増やすことで、乳酸を分解する働きが活発になり、疲労の回復も期待できます。

③睡眠の質の改善

最近では睡眠負債と言われたりもしますが、毎日の疲れ・ストレスが蓄積されて十分な睡眠がとれなくなると、自律神経の働きが悪くなってしまい、更に睡眠が取れなくなってしまうことがあります。

自律神経は、交感神経と副交感神経にわかれていて、体の様々な働きを24時間コントロールしています。
日中や活動している時は交感神経が働き、リラックスしている時や夜間は副交感神経が働きます。
この2つの神経の働きが悪くなってしまうと、十分な睡眠がとれなくなってしまい、体調や精神のバランスを崩してしまいます。

酸素カプセルを使用すると、血液中の酸素濃度が増えて自律神経に作用し、交感神経と副交感神経のバランスの乱れを整えて、働きが正常になりしっかりと睡眠がとれます。

④集中力・記憶力のUP

考え事をしているときや物事に集中をしているとき、実はたくさんの酸素を消費しています。どのくらい消費しているのかと言うと、1回の呼吸で体内に取り入れる酸素の量の約4分の1と言われています。
脳が活発に活動しているとき、α波という波形を出しています。
酸素が十分に行き届いているとき、脳は同じような状態になり、集中力や記憶力UPが期待できます。

酸素カプセルは縦型で座りながら使用できるものもあるので、
教科書や参考書を読みながら入ることもできます。

⑤ダイエット

痩せやすい体になるためには、新陳代謝を高めてあげる必要があります。
新陳代謝が高まると、脂肪の分解をしてくれるリパーゼという酵素が働いて、脂肪の燃焼を促し基礎代謝も高めてくれます。
この体内の働きに、酸素が不可欠になります。
体内の酸素濃度が増えると、酵素の働きが活発になって脂肪の燃焼が促進されて、結果ダイエット効果につながります。
ただし、酸素カプセルに入るだけで痩せる訳ではありません。
有酸素運動と酸素カプセルを組み合わせることでより効果が期待できると言われています。

カプセル内の酸素と通常の酸素の違い

酸素は通常、呼吸により肺に取り込まれ血液中のヘモグロビンという成分と結合し、体内を巡ります。
この酸素を「結合型酸素」と言います。
結合型酸素は体内の約99%の割合を占めていて、血液と一緒に血管を通り全身へと運ばれます。
この酸素の特徴は、細い毛細血管を通りにくいということと、取り込める酸素の量の上限が決まってしまうということです。
結合したヘモグロビンのサイズが大きいため、それよりも細い血管を通過することができません。
結合型酸素は、自身のサイズよりも太い血管を通って酸素を届けることはできますが、毛細血管のような細い血管を通り体のすみずみまで送り届けることができません。
(血管の約90%は毛細血管だと言われています。)

また、結合して血管内を通り運ばれるため、ヘモグロビンの量よりも多い酸素を取り込むことができません。

酸素カプセルは、内部の気圧を外気よりも高めることで、体の中に「溶解型酸素」と呼ばれる細かい粒子の酸素を増やすことができます。
この酸素の特徴は、結合型酸素とは逆でサイズがとても小さく、血液や体液に溶け込み細い血管内も通過し体の細胞のすみずみまで酸素が届くことです。

溶解型酸素は結合型酸素と比べると体内の量は少なく、通常の大気からは取り込むことは難しいです。
また、ヘモグロビンと結合しなくても溶け込みながら細胞に行き渡るので、ヘモグロビンの量に左右されず体内にたくさん増やすことができます。

「気体は気圧の高さに比例して液体に溶け込む」という
ヘンリーの法則があります。
この法則を利用し気圧を高くすることで、酸素を体液やリンパ液にまで溶け込ませて、通常では送り届けることができない場所にも行き渡らせることができます。

酸素カプセルを使用し、結合型酸素よりも溶解型酸素を体内で増やし、すみずみまで酸素を送り届け細胞の働きを活性化させることで、酸素不足を解消しさまざまな体への効果を期待できます。

こんな症状の方におすすめ

酸素は、いろいろな症状に効果が期待できると言われています。
まずおすすめなのは、ケガの早期回復を目的とした酸素カプセルの使用です。
たくさんの酸素を体内に増やし、傷ついた細胞に酸素を送り届けて組織を修復する力を高めることで、早期の回復が期待できます。

また、捻挫・肉離れ・骨折などのケガの早期回復には、酸素カプセルと電器治療をセットにしたメニューもおすすめです。
レギュラー争いをしていて、できるだけ早く競技復帰をしたい方や、旅行や行事など予定があって、そこに合わせて痛みを早く良くしたい方などには特におすすめです。
スポーツや日常生活への早期復帰が期待できます。

次におすすめは、日々の生活で疲労やストレスを感じている方、睡眠がしっかり取れていない方です。
カプセル内の高い気圧で酸素を体の中に増やし、すみずみまで行き渡らせると、細胞が活性化されて元気に活動するようになり、疲労感やストレスが軽減されます。
使用した翌日の体の状態に変化を感じて、とても楽になります。
睡眠も、朝起きる時いつもよりすっきりと目が覚めた、夜中に何度も目が覚めていたが、朝までぐっすりと眠れたなど、たくさんの良いことがあります。

そのほかにも、喫煙者、肉体労働やガスを取り扱う仕事をしている方などにもおすすめです。

様々な酸素カプセルの種類と特徴

・酸素ルーム型

ルーム内は広くなっていて、過ごしやすいのが特徴です。
しかし広い分、自分の周りだけでなくルーム内全体の気圧を上げなくてはならないため、時間がかかります。
ルーム内の気圧が上がるまで約15分くらいかかり、その時間は酸素の効果が得られにくかったり、終了後外に出られるように中の気圧が下がるまでの時間も約15分かかるので、時間に余裕を持って利用する必要があります。
また、使用料も高い所が多いです。

・横型酸素カプセル(ソフト布地素材)

酸素カプセル発売当初はこのタイプでした。
布地のような素材でできていて、頭まで入る寝袋のような形をしたカプセルです。
軽量で持ち運びしやすく、使わない時には収納しやすいのが特徴です。
しかし、終了して出る時は気圧が抜けてしぼんでしまう為出入りがしにくいのと、窓がほとんどなく外が見えないので、狭いところが苦手な方にはおすすめできません。
金額は一番安いです。

・横型酸素カプセル(ハード素材)

一般的に多く使われている酸素カプセルです。寝ながら入れるので、長時間使用したい方におすすめです。
ただ、窓が小さい・もしくはついていない為圧迫感を感じやすいので、狭いところが苦手な方にはおすすめできません。
また、使用するとき出入りが上からになるので、痛みを抱えている方は特に入りにくい場合があります。
長時間使用する方が多いため、使用料は少し高いところが多いです。

・縦型酸素カプセル(ハード素材)

縦型で開口部が広い為、出入りがとてもしやすい形になっています。窓も大きいので、周りを見渡せて圧迫感も少ないので、狭いところが苦手な方でも問題なくお使い頂けます。
カプセル内から外は見えますが、外から中は見えにくい作りになっているので、周りの視線も気になりません。
カプセル内の明るさや、お好きな光の色が選べてリラックスしながら使用できます。
また、縦型のカプセルなので座りながら本やスマートフォンを使うことができます。
座りながら行うので、30分までの使用がおすすめです。
縦型で場所を取らない設計のため、使用料が横型よりも安くできるので価格面でもおすすめです。

・高気圧酸素治療(HBO)

内部を高い気圧にして、酸素を体に取り込み病気の状態を改善する医療機器です。
気圧を高くできるため1番効果がありますが、耳にかなり負担がかかり痛みを感じることもあります。
使用前に耳鼻科の検査も必要になります。
一部の大病院にしかない医療機器で、費用もかなり高くなります。

・酸素バー

マスク型の装置を当てて酸素を吸引する機械が置いてある施設のことを言います。
手軽ですが他の酸素カプセルと違い、中に入らないため気圧がかからず、通常大気中の結合型酸素しか取り込めないので、効果はあまり見込めないと言われています。

酸素カプセルQ&A

酸素カプセルの効果はどのくらい持続しますか?

酸素カプセルを使用して血液中の酸素濃度が高くなった状態から、酸素濃度が下がっていくまで、約72時間と言われています。
なので、3日間は効果の持続が期待できます。

1回の利用時間はどのくらいが良いですか?

30分の利用がおすすめです。
体にストレスなく、また効果も感じやすい時間になっています。
ただ初めて利用される方で、最初から30分使用するのに不安がある方は、10分単位で時間設定することもできます。

酸素カプセルを利用できないことはありますか?

風邪をひいているなど、体調が心配な方は控えて頂いたほうが良いと思います。
カプセル内は気圧が高くなるので、呼吸器系や心臓に負担がかかる場合があるため、呼吸器・心臓・脳に持病をお持ちの方、ペースメーカーを使用している方は利用できません。
あと、妊娠中の方や利用前に飲酒をされた方も同様です。

効果的な利用方法はありますか?

酸素濃度は約72時間は高い状態が維持されているので、3日に一回のスパンでのご利用が理想的です。
詳しくは、下記の酸素カプセルを使った施術法のページをご覧下さい。

酸素カプセルの施術法はこちら≫≫