紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

接骨院がく伊勢崎韮塚院ではぎっくり腰の再発防止をアドバイスしております | 伊勢崎市で夜21時迄受付の接骨院 | 接骨院がく伊勢崎韮塚院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 8月の記事一覧

接骨院がく伊勢崎韮塚院ではぎっくり腰の再発防止をアドバイスしております

2017.08.05 | Category: 腰痛、ざこつ神経痛でお悩みの方

ぎっくり腰は不自然な姿勢をとったり、何らかの動作をしたときにギクリッと痛む腰痛のことで、正式には急性腰痛症といいます。重いものを持つとぎっくり腰になりやすいというイメージがありますが、実は靴下を履くためにかがんだ、くしゃみをしたといった何げない日常動作が原因で起こることも多いのです。
 
症状は名前の通り、腰部に突然ギクッ!と激痛が走ります。かなり大きな痛みで、しばらくはそのまま動けなくなるほどです。
 
●ぎっくり腰の原因
 
ぎっくり腰はちょっとした動作が原因で発症しますが、もともとの原因は何なのでしょうか?原因はいくつか考えられます。接客業などで長時間立ちっぱなしになることや、中腰など不自然な姿勢が多い場合、腰に負担がかかってほんの少しの衝撃で腰痛が起こることがあります。このほかにも姿勢が悪いこと、疲労の蓄積、運動不足、食生活の乱れ、体の冷え、肥満、ストレス、体が硬いなどさまざまな原因が考えられます。
 
●ぎっくり腰の予防法
 
ぎっくり腰はとても痛いですし、発症してから2、3日は仕事も家事も手に付かない状態になります。このような事態に陥らないために、日頃の生活では次のような点に注意をしましょう。
 
まず、重いものを持ち上げるときは、十分に注意して慎重に行ってください。立ち仕事や座り仕事など、長時間同じ姿勢が続く場合は、適度に休憩をとってストレッチなどをして体を動かしましょう。また、前かがみや中腰の姿勢は腰への負担がとても大きいので、極力避けてください。仕事などでこのような姿勢を取る場合は、ストレッチを行って筋肉をほぐしましょう。また、ウォーキングなどの軽い運動を行う、栄養バランスの取れた食生活を心がける、睡眠をたっぷりとるなど生活習慣の見直しも必要です。
 
ぎっくり腰は長年の生活習慣や姿勢、筋肉のこわばり、体の歪みなどが原因になって発症しやすいため、生活態度や体の歪みを矯正しないと、一時的に症状が収まっても、再発する可能性があります。ぎっくり腰の予防や再発を防止するためにも、日頃の生活習慣の見直しはとても大切です。
 
●ぎっくり腰になってしまったら
 
ぎっくり腰になったら、まずは安静にして腰を冷やしましょう。痛みは徐々に治まってきますが、そのまま放置しておくと、今後もぎっくり腰を再発する危険があります。
 
接骨院がく伊勢崎韮塚院では、ぎっくり腰の施術も行っています。当院では痛みを根本的に施術することを目的に、柔道整復師の高度な手技と最新の施術機器を使って、お客様の状態に合わせて適切な施術を提供します。お客様の体調に最も適した施術方法を提案し、ぎっくり腰の改善後も、再発を防止するためのアドバイスなどのケアもていねいに行っています。ぎっくり腰の施術をお考えの際は、接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください。

便秘・冷え性を伴う腰痛の改善策

2017.08.03 | Category: 腰痛、ざこつ神経痛でお悩みの方

●便秘や腰痛、冷え性の原因は水分不足
 
女性に多いのが便秘の症状です。便秘になると腰が痛むという人も少なくありません。このような症状に悩む人は、冷え症にも苦しめられています。
 
便秘や腰痛、冷え性は全て、水分不足が原因であることをご存じでしょうか。便秘が水分不足によるものだということは理解しやすいのですが、冷え性と水分不足の関連について、認識している方は少ないでしょう。水分と冷え性の関係で注目すべき点は、汗です。実は便秘気味で冷え性の人は、汗をかきやすい体質なのです。これは身体が冷えているため、汗をかくことによって体温を保とうとするからです。寒くなると、頻繁に尿意を感じるのも、同様の理由からです。
 
このような状態では、体は常に水分不足を起こし、血液がドロドロになってしまいます。このため筋肉にたまった疲労物質がうまく排出されず筋肉疲労が蓄積し、それが原因で腰痛が発症するのです。特に大腸は腰の部分にありますから、便秘になると溜まった便の重みで腰に負担がかかりやすくなります。
 
便秘、腰痛、冷え性の改善のためには、小まめに水分を取ることがとても大切なのです。
 
●水分をとっているつもりでも……実は水分不足になっていることも
 
水分摂取で注意することは、カフェインが含まれた飲み物やアルコールの取りすぎです。これらの飲み物では、水分補給の効果が期待できません。一日に何杯もコーヒーや緑茶、紅茶を飲んでいる人は、カフェインのとりすぎで、体温を下げてしまうので逆効果です。また、アルコールは利尿作用がありますから、飲んでも体内から水分が排出されてこちらも効果がありません。
 
できれば白湯や、カフェインレスのほうじ茶などの温かい飲み物を意識して取ることをおすすめします。
 
●ストレッチも効果的
 
水分摂取と同時に、ストレッチで体の血行を良くするのも効果的です。
 
また、腰を動かすウォーキングも体中の血行がよくなるだけでなく、腰の筋肉をほぐす効果が期待できますし、腸を刺激しますから、便秘、腰痛、冷え性の3つの悩みを一挙に改善してくれる方法として効果的です。
 
このほかにも意識的に腹式呼吸をするのもおすすめです。寝る前に布団に入ったら、腹式呼吸をゆっくりと行いましょう。10秒程度かけてゆっくりと息を吸って、その後20程度かけてお腹をへこませながら息をゆっくりと吐きます。これを5回繰り返せば副交感神経の働きが活発になり、リラックス効果で安眠へと導いてくれます。さらに横隔膜を動かすことで、腸を刺激しますから、朝のスムーズなお通じへと導いてくれます。
 
接骨院がく伊勢崎韮塚院では便秘による腰痛や、冷え性にお悩みの方に最適な施術も行っています。このような悩みがある方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

背中を痛めない姿勢

2017.08.01 | Category: 骨盤矯正、体のゆがみが気になる方

もし、「背中が痛いな」と感じた場合、すぐに接骨院がく伊勢崎韮塚院に来ていただければ、なぜ背中が痛いのか、また改善するためにはどうしたら良いのか、提案させていただきます。背中が痛くならないために予防をすることも大切です。背中が痛くならないためには、日頃から正しい姿勢を保つことが大切です。悪い姿勢ばかりでいると、背中に大きな負担をかけ、痛みを感じる原因となります。
 
背中を痛めない姿勢でいるためには、4つの場合でそれぞれ異なります。まず、座っているときです。座るときは、椅子に深く腰をかけて、ほぼ直角になるように座り、腰を椅子の背もたれで支えます。そして、アゴを軽く引いて、首に余計な力が入らないようにしましょう。使う椅子は、できるだけ背もたれが高いものが良いです。背もたれも、背中のカーブと合うものが良く、合わない場合にはクッションを挟むなどしましょう。足の裏がしっかり地面につき、膝が直角になる高さに合わせてから座りましょう。
 
次に、立っているときです。立っているときは、背筋を伸ばしてアゴを少し引きましょう。肩の力は抜いて、腹筋に力を入れます。頭の先からひもでつるされているようなイメージで、上半身に力は入れません。膝にも力は入れず、軽く曲がっているくらいがベストです。足の親指に力を入れて立てば、重心も正しい位置に保てます。
 
それから、寝るときです。腰と背中に最も負担の少ない寝方は、横向けにして寝ることです。腰痛がある場合には、痛みのある方を下にして、膝を直角にまげて寝るのが良いです。できれば、腰の下にタオルやクッションを敷くと、より良いです。もし、仰向けに寝たい場合には、自分にとって腰が楽な姿勢になるのが良いです。例えば、膝を立てた方が楽な場合には、そうした方が良いです。最も腰や背中に負担のかかる姿勢は、うつぶせです。背中や腰の反り返りが大きいのです。うつぶせで寝たら背中が痛くなった経験のある方もいるのではないでしょうか。
 
そして、歩くときです。歩くときは、背筋を伸ばして視線をまっすぐにして歩きましょう。膝をしっかり伸ばして、かかとから着地するのを意識して歩くと、より背中と腰に負担のかかりにくい歩き方ができます。肩や腕には力を入れずに、歩くのに合わせて振りましょう。お尻の筋肉に力を入れて、大股で歩くのがベストです。
 
さらに、動作中の姿勢で背中を痛めることもあります。例えば、重たい荷物を持つ場合や、前かがみになるような場合です。腰よりも先に背中を前にかがませると、どうしても大きな負担がかかり痛みを引き起こす可能性があります。したがって、動作を行う場合にも、できるだけ背筋がまっすぐなるように心がけましょう。前かがみになる動作をとらなければならない場合には、腰や背中よりも先に、ひざを曲げるようにしましょう。