紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

「日常生活動作の痛み」は体のバランスを整えて解決! | 伊勢崎市で夜21時迄受付の接骨院 | 接骨院がく伊勢崎韮塚院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 骨盤矯正、体のゆがみが気になる方の記事一覧

「日常生活動作の痛み」は体のバランスを整えて解決!

2018.10.30 | Category: 骨盤矯正、体のゆがみが気になる方

「日常生活動作の痛み」は体のバランスを整えて解決!

腰痛や肩の痛みなど、日常生活の動作に痛みがともなう場合、接骨院での施術がおすすめです。ふとした瞬間に感じる体の痛みは、骨や関節のずれが原因で生じていることも少なくありません。痛みの原因である体のゆがみを整えましょう。

日常生活動作の痛み

日常生活の何気ない動作に痛みがともなう場合、接骨院で体のバランスを整えることをおすすめします。
「肩が上がらない」「腰が痛くてしゃがむことができない」といった「日常生活動作」にともなう痛みは、体のゆがみが原因で起こっていることも少なくありません。
今回は、体のバランスを整えることで感じられる効果や、接骨院を頼るメリットをご紹介します。

日常生活動作(ADL)は「生活に必要不可欠な行動」のこと

まずは「日常生活動作」とは何か、ということを理解しておきましょう。
日常生活動作とは、「朝起きてから夜寝るまで、生活するのに必要不可欠な行動」のことです。英語では「activities of daily living」というため、頭文字をとって「ADL」と呼ばれることもあります。
具体的には

*ご飯を食べる
*トイレにいく
*着替える
*洗顔する
*歯みがきする
*髪型をセットする

ことを指す言葉です。

日常生活動作にともなう痛みは「体のゆがみ」が原因かも

日常生活動作における慢性的な体の痛みに悩んでいる人は少なくありません。

痛みのない健康な体を取り戻したい、痛みから解放されたいと考えるなら、当然ですが「どうして日常生活の動作で痛みが出るのか」を考える必要があります。
しかし、痛みの原因は単純なものばかりではありません。すべての痛みが病院や整形外科ですぐに解決できるとは限らず、「病院に行ってもよくならない」というケースも多いのです。

そんなときは、骨や関節といった、体を構成する重要な部位のバランスが崩れている可能性も考えられます。

体のゆがみによって痛みが起こるメカニズム

体のゆがみによって痛みが起こるメカニズム

普段意識することはなかなかありませんが、人間は約200本の骨と、およそ260ヶ所の関節を使い、うまくバランスを取ることでさまざまな動作を行っています。人間の体のバランスはとても繊細で、本当にちょっとしたことで崩れてしまうものなのです。

例えば、足をくじいたとき、痛めた足をかばって歩いているとなぜか反対側の足が痛くなってしまった、という経験を持つ人も多いでしょう。
これは、両足をバランスよく使うことができず、痛めていないほうの足に負担をかけてしまったことが原因で起きる現象です。

このような痛みの根本的な原因は、人間の体にバランスを自動調節する機能がついていることにあります。くじいた足をかばうために、ほかの場所に負担をかけてでも自然と全体のバランスを整える仕組みになっているのです。

バランスを崩したのが一瞬であれば、大きな問題にはなりません。しかし、長いあいだ体の一部に負担をかけたまま生活を続けていると痛みは慢性的になり、日常生活動作でも不自由する可能性が出てきます。

現代人の多くが体のバランスを崩している

現代は、体のバランスが崩れている人も多く見られます。多くの人が当たり前に行っている動作、例えば

*足を組む
*鞄などの重たい荷物をいつも同じ肩にかける
*スマートフォンやパソコンを長時間使用する

といったものは、体のバランスを崩す原因になってしまいます。

「猫背が原因で肩が上がらない」理由を考えてみよう

猫背の人は、肩が痛くて上がらなくなることも多いです。では、なぜ猫背だと肩が上がらなくなってしまうのでしょうか?

猫背とは、背中が丸まり、肩と頭が体の中心よりも前に出ている状態です。人間の体のなかで一番重たい頭が前に出ることで、首の関節と筋肉、首を支える背中や肩甲骨まわりの筋肉が引っ張られて緊張します。バランスのよい姿勢をとっている場合に比べて、背中全体に負担がかかるのです。

背中に負担がかかると、筋肉が硬くなり、肩甲骨まわりが動かしづらくなります。肩甲骨は肩を後ろに引く動作にかかわるため、肩甲骨が動かしづらくなると、ますます肩が前に出てしまうのです。

本来、自由に動く肩のバランスが崩れ、前に出てしまうことで、腕を動かすときに骨がぶつかったり、神経を圧迫したりして、腕を上げることができなくなってしまいます。

そのため、猫背が原因で肩が上がらない場合、肩をマッサージしたり、湿布を貼ったりしてもあまり効果はありません。

また、体が丸まっていると、背中にある大きな筋肉が緊張して全身の血流も悪くなってしまいます。肩の痛みだけでなく、冷え性や消化不良に悩む可能性も高くなるのです。

「骨盤のずれが原因で膝が痛い」ときも湿布はその場しのぎ

同じように、体のバランスを崩していることが原因で「立ち上がるときに膝が痛い」という人に、湿布を渡しても効果がない理由を考えてみましょう。

打撲などで膝を怪我している場合は、湿布も効果があります。しかし、骨盤が左右でずれており、片足に体重がかかることで膝の軟骨がすり減り、炎症が起きている場合、膝に湿布を貼ってもその場しのぎにしかならないのです。

接骨院だからこそ体全体のバランスを整えられる!

接骨院だからこそ体全体のバランスを整えられる!

猫背が原因で肩が上がらない場合、正しい姿勢を意識するだけでは体のバランスは整いません。首や背中、肩甲骨まわりをほぐして猫背の状態に慣れてしまった体をリセットしなければ、無意識のうちにまた猫背になってしまうからです。

人それぞれに異なる痛みの原因を探り、原因ごとに体のバランスを調整する技術は、知識と経験のあるプロだけが持っています。
しかし、「痛みを解決するには接骨院でなくてもよいのでは?」と思う方もいるでしょう。どうして接骨院の施術をおすすめするかというと、接骨院は法律上「施術」ができないからです。

病院は「施術」できるからこそ対象療法になりがち

病院は、薬や湿布、注射といった方法で施術ができてしまうからこそ「痛みを取り除く」ことに集中する、つまり「対象療法」になる場合が一般的です。これまでに触れてきたとおり、日常生活動作の痛みが体のゆがみからきている場合、痛む箇所に湿布を貼っても一時的に痛みがやわらぐだけで、根本的な解決にはならないのです。

一方、接骨院では法律上「施術」ができません。だからこそ、バランスを見て痛みの原因を見つけ、体のバランスを整える技術を高めています。

また、人間は自分の体を見慣れているため、大きな鏡を使ってもなかなか自分の体がずれていることには気づけません。バランスが崩れている部位を見抜くには、知識があって客観視できる「接骨院」のプロの技術を頼る方法が一番です。

接骨院がく伊勢崎韮塚院で痛みを根本から解決しませんか?

体のゆがみが原因で起きている痛みに対処するには、全身のバランスを見て痛みの原因を探り、体のずれを整える「プロによる施術」が必要です。
日常生活動作の痛みに悩んでいるという方は、ぜひ接骨院がく伊勢崎韮塚院にお越しください。当接骨院で根本的な痛みの原因を解決して、日々の暮らしをより快適にしましょう。

背中を痛めない姿勢

2017.08.01 | Category: 骨盤矯正、体のゆがみが気になる方

もし、「背中が痛いな」と感じた場合、すぐに接骨院がく伊勢崎韮塚院に来ていただければ、なぜ背中が痛いのか、また改善するためにはどうしたら良いのか、提案させていただきます。背中が痛くならないために予防をすることも大切です。背中が痛くならないためには、日頃から正しい姿勢を保つことが大切です。悪い姿勢ばかりでいると、背中に大きな負担をかけ、痛みを感じる原因となります。
 
背中を痛めない姿勢でいるためには、4つの場合でそれぞれ異なります。まず、座っているときです。座るときは、椅子に深く腰をかけて、ほぼ直角になるように座り、腰を椅子の背もたれで支えます。そして、アゴを軽く引いて、首に余計な力が入らないようにしましょう。使う椅子は、できるだけ背もたれが高いものが良いです。背もたれも、背中のカーブと合うものが良く、合わない場合にはクッションを挟むなどしましょう。足の裏がしっかり地面につき、膝が直角になる高さに合わせてから座りましょう。
 
次に、立っているときです。立っているときは、背筋を伸ばしてアゴを少し引きましょう。肩の力は抜いて、腹筋に力を入れます。頭の先からひもでつるされているようなイメージで、上半身に力は入れません。膝にも力は入れず、軽く曲がっているくらいがベストです。足の親指に力を入れて立てば、重心も正しい位置に保てます。
 
それから、寝るときです。腰と背中に最も負担の少ない寝方は、横向けにして寝ることです。腰痛がある場合には、痛みのある方を下にして、膝を直角にまげて寝るのが良いです。できれば、腰の下にタオルやクッションを敷くと、より良いです。もし、仰向けに寝たい場合には、自分にとって腰が楽な姿勢になるのが良いです。例えば、膝を立てた方が楽な場合には、そうした方が良いです。最も腰や背中に負担のかかる姿勢は、うつぶせです。背中や腰の反り返りが大きいのです。うつぶせで寝たら背中が痛くなった経験のある方もいるのではないでしょうか。
 
そして、歩くときです。歩くときは、背筋を伸ばして視線をまっすぐにして歩きましょう。膝をしっかり伸ばして、かかとから着地するのを意識して歩くと、より背中と腰に負担のかかりにくい歩き方ができます。肩や腕には力を入れずに、歩くのに合わせて振りましょう。お尻の筋肉に力を入れて、大股で歩くのがベストです。
 
さらに、動作中の姿勢で背中を痛めることもあります。例えば、重たい荷物を持つ場合や、前かがみになるような場合です。腰よりも先に背中を前にかがませると、どうしても大きな負担がかかり痛みを引き起こす可能性があります。したがって、動作を行う場合にも、できるだけ背筋がまっすぐなるように心がけましょう。前かがみになる動作をとらなければならない場合には、腰や背中よりも先に、ひざを曲げるようにしましょう。

O脚X脚にはスタイレックスを!

2017.02.06 | Category: 骨盤矯正、体のゆがみが気になる方

前回のブログで紹介したスタイレックスは整形外科医が自院で13年間,手技によってО脚を改善してきたノウハウを機械化したものです。
 
股関節が硬い方⇒ストレッチが必要
股関節筋が弱い方⇒トレーニングが必要
ストレッチとトレーニングの効果を1つにした機械です!
 
短期、中期、長期の運動計画に合わせた運動プログラムを内蔵。
また外旋筋に合わせて3段階、股関節の柔軟性を合わせて8段階のプログラムを選択できます!
 
小学生高学年からご高齢の方まで幅広く対応でき使用者に合わせた外旋筋の強化と股関節のストレッチを同時に行うことが可能です!
 
これがそのスタイレックスです☆
 

 

 
興味のある方は是非!
接骨院がく伊勢崎韮塚院へ、お問い合わせ又はお越しください❁
お試しも可能です♥

O脚X脚でお悩みの方必見!

2017.01.24 | Category: 骨盤矯正、体のゆがみが気になる方

こんにちは!
接骨院がく伊勢崎韮塚院の瞳です☆彡
 
この前雑誌でО脚,X脚の特集を見ました!
女性だけでなく男性でも悩まれている方が多いようです(´Д⊂
 
まずО脚,X脚とは悪い立ち方や歩き方の習慣化によって起こることが多いと言われています。
原因としては
・おしりの周りにある外旋筋(がいせんきん)という筋肉や太ももの内側にある内転筋の筋力不足
・インナーマッスル(体幹)の筋力不足
・骨盤の歪み
・姿勢の悪さ
・足をよく組む(いつも同じ足が上)
・ヒールの高い靴をよく履く
・立っている時に片方の足に体重をかける
などがあり、硬くなった筋肉が骨を引っ張ることでО脚,X脚を引き起こします。
 
ちなみに骨盤の歪みもいろいろ恐ろしくて、自然な血流を妨げていることになり
便秘,下痢,女性であれば冷え性,むくみ,生理痛,どが慢性的になることもあります。
 
 
膝が離れて見える以外にも
・下腹部が出る
・おしりが垂れる
・太もも、ふくらはぎが太くなる
といったことが起こり、これらで悩まれてる方も多いのではないでしょうか(´・_・`)
 
更には年齢を重ねていくと
・歩行障害
・慢性疲労
・脊椎変形
・腰痛
・変形性膝関節症
・神経痛
・膝に水がたまる
などを引き起こす原因にもなります!
 
О脚,X脚に改善に一番重要なのは無理せず継続的に運動し、身体に良い習慣を覚えこませることです。
 
そこで!接骨院がくにはスタイレックスというО脚、X脚を改善するのにうってつけの器械があります\(◎o◎)/!
 
次のブログでスタイレックスの説明をしていきたいと思います♥